会社情報

代表メッセージ

Corporate

 

すべての企業にメディアを

インターネットが登場して以来、Webサイトはまず最初にユーザーが目にするメディアとなり、重要な情報発信拠点や営業所となりました。「どうしたらソーシャルメディアで人々の関心を集められるのか」「ユーザーに常に訪れてもらえるコンテンツを用意するにはどうしたらよいのか」……それはメディア企業だけの悩みではなく、いまや業態を問わず多くの企業が抱えている悩みなのです。

ネットの世界においては、すべての情報が「メディア化」します。旧来、考えられていたように、出版社・放送局・新聞社などのメディア企業のみが情報発信を行い、メディアを組成するわけではありません。もはや「コマースサイトだからメディアは必要ない」「メディア企業でない企業のホームページだから、メディアとは呼べない」とは言い切れない、「企業が直接メディアを組成する時代」なのです。そして、そのメディアを通じて、さまざまなコミュニティと信頼関係を築いていくことが大切だと言えます。

しかしメディアを立ち上げ、それに見合うシステムやアプリを開発したり、毎日コンテンツを更新して運用やプロモーションを行うのは、たやすいことではありません。そこで、私たちメディアのプロフェッショナルがお手伝いをさせていただいています。

私たちは、企業と一緒にメディアを運用するパートナーです。自らメディア企業として、ECサイトから日本初のブログメディア、独創的なスマートフォンアプリまで手がけてきました。そして、そこで培ったノウハウをお客様に提供し、最新の技術トレンドに則したコンテンツ・マーケティングを行うユニークな企業がインフォバーンなのです。

最近になって、メディアソリューション事業のニーズはさらに高まりつつあります。しかし、私たちは1998年の創業より、常にトップランナーとしてメディアの「その先」を目指して走り続けています。

最後に、インフォバーンの哲学をご紹介します。

  • (1)Different [ほかとは違う]
  • (2)Attractive[魅了する]
  • (3)Advocating[(ユーザーを)支援する]

これらは、デバイスがPCからスマートフォンになっても変わらぬ、私たちのスピリットでもあります。

代表取締役 CVO 小林弘人