down

[料理体験エキシビション] 拡張する料理

Let’s Experience Future Cooking.

INTRODUCTION

「料理」は、私たちにとって、豊かな生活を送るための根源的な活動といえます。
にもかかわらず、多くの人にとって「料理」は実践のためのハードルが高く、
まだまだ改善の余地が数多く残されています。

インフォバーンのR&D組織 IDLでは、
「食」というテーマを軸に、「生産/流通/料理/食事」それぞれのプロセスにおける
課題の発見と解決を図るための共創プロジェクト「KITchen.」を立ち上げ、
「未来の料理体験」をテーマに、情報インタフェースと
新しい体験デザインについて研究開発を進めています。

PROJECT

まずはじめに着目したのは、レシピ。
料理をし慣れない人にとって、レシピはわかりにくく、料理中に使いやすいものとはいえません。
そしてそのことが、料理のハードルを上げている一因ともいえます。

この問題を解決するために、私たちは、誰もが簡単に料理を作るためのナビゲーションシステムを試作しました。
各種センサーと料理用ビジュアル言語を用いたインターフェイスにより、
初めての料理でも、誰もがスムーズに楽しく作ることができます。

そして今回、このシステムを体験いただく場として、「KITchen.―拡張する料理」展を開催します。
本展を通じて、料理の新しい魅力に気づき、さらには未来の料理の姿をかいま見ることができるかも知れません。
どうぞ未来の料理を体験ください。

KITchen.インターフェース

KITchen. Ecosystem

「KITchen.」は、IDLの構想するパーソナルな料理支援サービス。
ユーザーの特性(嗜好、健康状態等)にあわせたレシピと食材、センサー付調理器具が宅配され、
調理器具と連動した直感的なナビゲーションシステムにより、料理を総合的にサポートします。

簡単に“いいかんじ”に料理ができちゃう!

IDL MEMBERS