閉じる

2005.6.21

「出版バリューマネジメント研究会」 発足

— 出版業界変革のための研究会を 株式会社インスパイアと共同で発足いたしました。 — 株式会社インフォバーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小林弘人)と株式会社インスパイア(本社:東京都港区、代表取締役社長:成毛眞)は、このたび、日本の出版文化の現状を打開し、発展させるための「出版バリューマネジメント研究会」を発足しました。6月30日を皮切りに全8回からなる研究会を開催し、出版社や出版流通会社などの経営者の方と共に、変化する市場環境や新たなビジネスチャンスの創出についての研究を行います。これにより、日本の文化的競争力が維持され、印刷活字文化の新たな価値創造の一助になることを願っております。 この研究会では、日本の出版業界の活性化提言ならびに具体的な事例獲得を目的として、以下の3点を中心に議論を深める予定です。

・既存コンテンツのデジタル化ビジネスモデルの検証

・出版ビジネスバリューチェーンの最適化モデルの仮説の構築

・出版社経営のIT化および経営戦略のベストプラクティスの検討

昨今の出版業界を取りまく環境は大きく変化しています。公立図書館などによる大量貸本、オンライン書店の隆盛、書店によるポイント制の導入など、流通面だけをとりあげても変革の時代に入ったと考えられます。しかしながら、現状の出版業界は環境変化に十分に対応できず、書籍の販売は伸び悩み、出版社の倒産や破綻も相次いでおります。私どもは、国としての文化的競争力を維持するために、日本の出版文化を維持・発展させなければならないと考えます。

そこで、インターネット文化を活字で表現する「WIRED(ワイアード)」をはじめとした新しい出版に挑戦しているインフォバーン代表の小林弘人と蔵書家・書評家として出版文化に深い憂慮を持つインスパイア代表の成毛眞が共同提案し、上記を目的とした「出版バリューマネジメント研究会」を発足させることにいたしました。

【株式会社インフォバーンについて】 インフォバーンは、オリジナルの月刊誌、書籍等を刊行するほか、コンテンツ制作を軸としたメディア・コミュニケーションへのソリューションを企業および、個人向けに提供するベンチャー企業です。

Ask

各種ご質問やご相談については下記よりお問い合わせください。