閉じる

2013.12.19

Googleアナリティクスのマイレポート機能を使って、毎週30分余計に寝て、健康になる方法

こんにちは。以前、当コラムで『コンテンツマーケティングでアクセス解析を活かすために明確にしたい、5つの目的』という記事を書いた、インフォバーンKYOTOでWeb解析を担当している遠山です。

■コンテンツマーケティングでアクセス解析を活かすために明確にしたい、5つの目的
http://www.infobahn.co.jp/ib_column/2569

 

企業のWeb担当者や制作会社のディレクター、Webマガジンの編集者、さらには個人ブロガーまで、忙しいサイト運営者にとって、毎日Googleアナリティクスをチェックするのは少し大変ですよね。

私の場合、前日のアクセスデータは翌朝出社後、すぐに見ることにしているのですが、Googleアナリティクスのマイレポート機能を活用するようになってから、アナリティクスのチェック時間が短くなりました。週に30分は時間の節約になっています。週に30分でも積み重ねると大きく違ってきますよ。

ということで今回は、前半でGoogleアナリティクスのマイレポート機能について簡単にご紹介し、後半で私が実際に使っているマイレポートを公開したいと思います。たった3ステップであなたのアナリティクスにも同様のマイレポートを作ることができます。気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

マイレポートってなに?

ibcolumn_toyama_20131219_1

 

マイレポートとは、Googleアナリティクスで見ることができる、さまざまな数値やグラフをひとつのページにまとめておいて一覧することができる機能です。見方・作り方を覚えれば、誰でも自分好みにアレンジしたレポートを瞬時に見ることができるようになるので、大変重宝します。

マイレポート機能は、Googleアナリティクスを開いたのち、上図に示した手順で確認することができます。

このマイレポート、使い方は人それぞれです。サイトのコンバージョンとそれに関連する複数の指標をまとめておけば、KPIの達成具合をこのページだけでざっくり確認することができます。しかし、コンバージョンが絡む類のレポートは100サイトあれば100種類のレポートができてしまうので、ここではなるべく多くのサイトに当てはまるように、サイトの異常事態にいち早く気づくために、私が使っているレポートをご紹介します。

 

マイレポートの共有機能が便利!

ibcolumn_toyama_20131219_4_

その前にひとつ、重要な機能のご紹介。Googleアナリティクスのマイレポートには、自分が作ったレポートの「型」を他の人と共有できる機能があります。

これがとても便利で、今回ご紹介する私が普段使っているレポートも、リンクひとつで皆さんに使っていただくことができます(お前のレポートなんか要らねえ!と、言わないでくだいね)。なんだか上手く説明できないので、とりあえず下記リンクをクリックし、あなたのGoogleアナリティクスにマイレポートを導入してみてください。

<導入手順>

  1. 上記リンクをクリックする
  2. 「ビューを選択」から、このマイレポートを導入したいプロファイルを選ぶ
  3. 「作成」を押す

 

 

おすすめのマイレポート構成

それでは、私が毎日のサイト異常チェックに活用しているマイレポートを、「見習い小僧ブログ」を例にしてご紹介します。

ibcolumn_toyama_20131219_2

 

●構成
レポートは以下の内容で構成しています。

①PV数と訪問数、訪問あたりのPV数
②サイト訪問者が検索(organic)から来ているのか、どこかのサイトのリンクを踏んで(referral)から来ているのか、それ以外なのかということがわかるようなランキング
③検索訪問のキーワードランキング
④参照元サイトランキング
⑤自サイト内の閲覧数が多いページランキング

 

●確認時の手順と注意
また、下図はマイレポートを確認する際の手順を図示したものです。異常事態が起きたときに素早く発見することができ、その原因の多くをこのレポート内で推測することができます。

ibcolumn_toyama_20131219_6

 

例えば、①で「あれ、昨日は閲覧数が多かったな」となり、②で「ほうほう、検索(organic)からの流入が多かったのか」となり、③で「おお、昨日は『渋谷 IT企業』というクエリでの流入が多かったのか」となれば、「テレビなどで渋谷のIT系企業が特集されて検索が増えたのかな?」という感じで、異常な流入増の仮説をたてることができます。

もっと詳しくその原因を突き止めたい時には、Twitter検索がオススメです。上の例なら、「渋谷 IT企業」でTwitter検索をしてみて、前日のタイムラインを見れば、だいたい誰かがヒントとなることをつぶやいてくれています。

 

もっと簡単にマイレポートを確認するために

普通にマイレポート機能を使うだけでもだいぶ時短できますが、PDF化したマイレポートを毎日自分のメールアドレス宛てに自動送信させることもできます。

5_toyama_20131219_5_580

 

上図は、今回ご紹介したマイレポートを自分宛てに一日一度、毎日送るよう設定する方法です。今回のマイレポートは、サイトの異常事態にいち早く気づくための構成にしているため、毎日一回ずつ前日分のレポートが送られてくるこの設定がおススメです。

 

いかがでしたか?
ぜひ皆さんもマイレポート機能を使いこなして、健康になってください!

 

CHANNEL IB TOP