閉じる

2015.9.16

【アドテック関西2015】1日目、スペシャルトークセッションにブースは大にぎわい!

9月15日〜16日、グランフロント大阪コングレコンベンションセンターでアドテック関西2015が昨日よりスタートしました! 広告代理店やアドテク企業が出展し、業界関係者などが数多く来場。豪華カンファレンスなども数多く行われ、大いに盛り上がっています。

インフォバーンも場内にブースを展開。「デジタルブランディング」をキーワードに、来場者への訴求とブースでのトークセッションを実施しました!

本記事では、昨日(9月15日)のブースセッションの様子を簡単にご紹介します。

ブランディングで最も重視したこととは?(ヤンマー株式会社様)

最初にご登壇いただいたのは、ヤンマー株式会社の梶塚様。「100年目のリ・ブランディング」をテーマに、ブランドイメージ刷新に向けた取り組みについて伺いました。最も印象深かったのは、「自分たちのミッションをきちんと整備して、わかりやすく伝えていくこと」という視点を中心に据えていたこと。クリエイティブディレクターに佐藤可士和氏を迎え、事業や製品などで分散していたデザインの見直しを、いまもなお進めているとのことでした。

メディアの特性に合わせた文脈で展開する(株式会社ワコール様)

つづいて、株式会社ワコールの北見様に、「2015年の『上質なWeb戦略』ってこういうことかも」というテーマでご登壇いただきました。8月2日の「パンツの日」を機に、その認知度をあげつつ、それに合わせてワコール自体も盛り上げる施策として、ネイティブアドを活用した事例を紹介。また、男性用下着のプロモーションでは、メディアの文脈に合わせてさまざまな切り口で展開していったお話も。記事ひとつひとつに込められた明確な狙いと柔軟な施策、その経緯など、ブースでしか聞けない内容に会場は大いに盛り上がりました。
参考①:「愛が訪れるスペシャルストーリー『私はパンツ』8月2日はパンツの日」
参考②:「2015年の『上質な暮らし』ってこういうことかも」

オウンドメディアに限らず、コンテンツにユーザーを集める(ライオン株式会社様)

1日目の最後を飾ったのが、ライオン株式会社の中村様。「デジタル時代、どうコミュニケーションをデザインしていくか?」と題して、行われたトークセッションでは、主に潜在層へのアプローチについてお話しいただきました。特に施策を展開するうえでの考え方にも言及。ライオン様のオウンドメディア「Lidea」などで主に扱われるのはハウツーコンテンツであるため、情報の消費速度に合わせてキュレーションアプリを選択しているとのこと。また、掲載されているコンテンツがライオンのものであることが伝われば、外部メディアに人が集まるのも効果として良いのでは、との考えも述べられました。広い視野での施策について語る中村様のお話に、うなずく来場者が多く見受けられました!

 



本日16日も、大阪ガス様、ダイレクト出版様、スケールアウト様、パブマティック様をお招きしてのスペシャルトークセッションを開催予定です!

CHANNEL IB TOP