閉じる

2014.6.25

ネイティブアドの広告効果測定(メジャーメント)と情報拡散(リーチ)について

先日、Contentlyが発表した調査によると、ブランドはコンテンツマーケティングの効果測定に対して、非常にコンシャスであるということがわかりました。

 
20140625_01
 

Copyright c 2014 Contently. All rights reserved. contently.com

 
コンテンツマーケティングの効果は、コンバージョンやPVだけで測れるものではありません。エンゲージメントや態度変容が、より重要な指標となります。
 
20140626_02_1
 

Copyright c 2014 Contently. All rights reserved. contently.com

 
インフォバーンでは、コンテンツマーケティングにおけるさまざまな角度でのメジャーメントに取り組んでいます。コンテンツがどれだけ共感をもたれ、態度変容をもたらしたか。そして、結果として共有されるにいたったかということを、可能な限り調査し、レポーティングしています。

  1. 記事の拡散度合いやリーチ数
  2. ソーシャルにおけるエンゲージメントについて
  3. 実際の購買にいたるまでの、記事が及ぼす影響を測るアトリビューション分析
  4. 記事がどこまで読まれたか(リードという概念に基づく計測)
  5. ブランドリフト(広告接触によるブランド認知度、高感度アップ、購買意欲アップなど)

たとえば「ひとつの効果指標として、記事がどれだけネット上で拡散したか」ということについては、このようなレポーティングを行っています。
 20140625_03
 
またインフォバーンでは、メディアに掲載されたコンテンツを広く生活者に拡散させ、リーチをとるためのコンテンツディストリビューションの手法など、新しい広告の形を提案しています。

コンテンツディストリビューションとは
メディアへの掲載にあわせて、一次情報メディアのコンテンツやオーディエンスのデータを活用し、関連記事枠に掲載させるネイティブアドや「Antenna」などのキュレーションメディアを組み合わせブーストさせる施策。

 
テクノロジーの革新により、データを使ったより精度の高い効果指標を取得できるようになったことは、コンテンツマーケティングのさらなる活用に結びつくと考えています。

 

CHANNEL IB TOP