閉じる

2020.2.28

インフォバーンCVO・小林弘人の著書『After GAFA 分散化する世界の未来地図』発売!

株式会社インフォバーン代表取締役CVO・小林弘人の著書『After GAFA 分散化する世界の未来地図』が、2020年2月29日(土)にKADOKAWAより発売されます。

本書では、ほとんどの人がインターネットの実相を理解していなかった1994年に『ワイアード』日本版を創刊して初代編集長を務め、その後もインターネットの歴史と歩をともにしてきたビジョナリーである小林が、ヨーロッパやアジアなど最新のイノベーション事例を踏まえ、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)に代表されるプラットフォーマー支配の先にある世界を語っています。

■書籍情報
書名:『After GAFA 分散化する世界の未来地図』
著者:小林弘人
出版社:KADOKAWA
定価: 1,650円(本体1,500円+税)
ISBN:9784046043863
発売日:2020年02月29日 
目次:
第1章 「信頼」が失われたインターネット
第2章 ブロックチェーンの本質を見誤るな
第3章 After GAFAのビジネスモデル
第4章 デジタルはすでにピークアウトした
第5章 「オルタナティブな価値」のつくり方
第6章 「重ねる革命」と日本の選択
※詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000130/

■著者プロフィール
小林 弘人
株式会社インフォバーン代表取締役CVO 株式会社メディアジーン取締役
ビジネス・ブレークスルー大学教授
Business Insider Japan 発行人
広島県 IoT/AI実証プラットフォーム事業 ひろしまサンドボックス審査員

「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」など、紙とウェブの両分野で多くの媒体を立ち上げ、1998年より企業のデジタル・コミュニケーションを支援する株式会社インフォバーンを起業。国内外企業のデジタルマーケティング全般からウェブメディアの立ち上げ・運用などを支援。コンテンツ・マーケティング、オウンドメディアの先駆として知られる。
2012年、日本におけるオープン・イノベーションの啓蒙を行い、電通と『日本のイノベーション・アワード』を創設。審査員を務める。ベルリン市主催APW2016でスピーカーを務める。同年よりベルリン最大のテック・カンファレンスTOAの日本公式パートナーとなる。2018年より、企業と行政のイノベーターをネットワークするUnchainedを創設。ブロックチェーンの社会実装プログラムや領域横断型のイベント、勉強会、海外視察を実施。
主な著書に『新世紀メディア論』(バジリコ)『メディア化する企業はなぜ強いのか?』(技術評論社)『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)主な監修・解説書に『フリー』『シェア』『パブリック』(NHK出版)ほか多数。

 

【本件に関するお問い合わせは下記まで】
株式会社インフォバーン 広報担当
mail:pr[a]infobahn.co.jp
※[a]を@に変換のうえ、お問い合わせください

Ask

各種ご質問やご相談については下記よりお問い合わせください。