ホーム > ニュース > インフォバーンIDL部門がオンライ...

インフォバーンIDL部門がオンラインイベント「仕組みづくりから始まるサーキュラーエコノミー:持続可能なモビリティのかたちを考える」を開催します

記事「インフォバーンIDL部門がオンラインイベント「仕組みづくりから始まるサーキュラーエコノミー:持続可能なモビリティのかたちを考える」を開催します」のメインアイキャッチ画像

株式会社インフォバーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 会長:小林弘人、代表取締役 社長:田中準也)のイノベーション事業創出支援部門であるIDL [INFOBAHN DESIGN LAB.](以下IDL)が、「仕組みづくりから始まるサーキュラーエコノミー:持続可能なモビリティのかたちを考える」と題し、来る【7月26日(火)18:00〜】よりオンラインイベントを開催します。

IDLは、Design for Sustainable Futures をビジョンに掲げ、企業の新規事業創出を支援するデザインコレクティブとして、来るべき未来の社会、ビジネスの姿を考え、企業や市民とともに「パラダイムシフト」を起こすためのアプローチを探求・実践するコミュニティイベント「SHIFT」を開催しています。

今回のイベントでは、新たな価値観へのシフトが求められるトピックのひとつである「サーキュラーエコノミー × モビリティ」をテーマに、既存の価値観や手法を脱した循環型の仕組みづくりの先進事例として、東日本大震災の被災地でコミュニティ・カーシェアリングを実践する日本カーシェアリング協会代表理事の吉澤武彦氏を第1部のゲストにお迎えします。

第2部では、IDLが事業開発を支援するトヨタコネクティッド株式会社先行企画部の皆さまと共に、これまでとは異なる価値観を前提とした事業創造と、それを実現するアプローチとしてのデザイン理論の活用法をご紹介します。また、大きな組織において、成果が定義できない事業に対してはじめの一歩を踏み出す難しさや、チームにおけるマインドセットの変化など、実際のプロセスの中で得た発見を共有していきます。

持続可能なイノベーション創出に取り組む中でアプローチに課題をお持ちの方や、未来のビジョンデザインにご関心をお持ちの方、環境問題関連の取り組みにご関心をお持ちの行政・自治体の方など、多種多様な視点と知見を持った方々が繋がり、パラダイムシフトを起こすための対話と意見交換ができることを楽しみにしております。

【概要】

仕組みづくりから始まるサーキュラーエコノミー:持続可能なモビリティのかたちを考える


(日時)2022年7月26日(火)18:00~20:30
(形式)Zoom ミーティングにてオンライン開催
(参加費)無料
(プログラム)
18:00 – 18:05 冒頭挨拶
18:05 – 19:00 対談:サーキュラーエコノミーのデザイン | 仕組みとコミュニティとストーリー(日本カーシェアリング協会 吉澤武彦氏)
19:00 – 19:05 休憩
19:05 – 20:00 対談:持続可能な新たなパラダイムに挑むデザイン(トヨタコネクティッド株式会社)
20:00 – 20:30 グループダイアローグ
※ 内容は変更になる可能性があります


(お申し込みホーム)https://onl.la/e9Edut5

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社インフォバーン(IDL担当)
http://www.infobahn.co.jp/ask