閉じる

Works

MAXHUB商品紹介サイト

コクヨ株式会社

https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/maxhub/sp/

コクヨ株式会社より、新規取り扱い製品「MAXHUB」のプロモーションに関するブランドサイト構築・イベント・冊子・動画制作のご依頼をいただきました。オンラインからオフラインへとつなげるためのコミュニケーション・プランニングから関わらせていただき、施策の実行までを担当いたしました。

Project Summary

課題

働く場所・働き方の多様化に適応しスムーズなWeb会議を実現する、次世代インタラクティブ型コミュニケーションツール「MAXHUB」。そのプロモーション施策において重視されていたことは、単なる認知獲得・商品理解だけではなく、コクヨ株式会社が企業ブランディングとして掲げている「働き方改革を支援する」というコンセプトを伝えていくこと。また施策のゴールは、全国に12拠点存在するショールームへの誘導を実現することでした。

施策

まず、先行して「MAXHUB」を導入している企業様へのヒアリングを通してコミュニケーションの軸となるメッセージを開発。ターゲットユーザーの態度変容を意識したゴール設定・導線設計・トーン&マナーの設定などを行いました。具体的な施策としては、利用方法を伝える動画を含むブランドサイトの構築、リーフレット制作、PRのための記者発表会の準備と運営を企画・実行いたしました。

 

オフィスへの導入機器であることから、まずオンラインでは「利用しているオフィスシーンの雰囲気」「Web会議が変わる」ことを訴求し、実際にショールームで体験していただくアクションへ誘導できるよう、記者発表会やブランドサイト・リーフレットのすべてにつながりを持たせた設計をしています。

 

記者発表会では、コクヨ株式会社のオフィスにオフライン会場を用意し、オンラインでもライブ配信を実施。会場設営および準備はもちろん、台本制作まで対応いたしました。

 

記者発表会実施後はサイトへのアクセスも好調、全国のショールームへの見学申し込みも増え、ゴールを達成することができました。

体制

クライアント:コクヨ株式会社
アカウントプランナー:根本拓馬
コンテンツプランナー:佐々木智恵美
アートディレクター:荒井幸子
WEBディレクター:舟橋亮太
動画ディレクター:斎藤滋
協力会社
PRエージェンシー:株式会社プラチナム
動画制作:株式会社WADAYA
Web・リーフレット制作:株式会社メフィラス

CHANNEL IB

売るためのプロモーションこそ「機能訴求」ではなく「文脈訴求」が必要|コクヨ株式会社様 事例

2021年7月、コクヨ株式会社さま(以下、コクヨ)は、ポストコロナに向けた働き方をアップデートする次世代インタラクティブ型コミュニケーションツール「MAXHUB(マックスハブ)」を発売しました。インフォバーンではそのプロモーションをご依頼いただき、コミュニケーション設計からメディア向けの記者発表会の実施と配信、販促物となるWebサイト・リーフレット・動画制作のご支援をいたしました。本記事では、ご担当の同社ファニチャー事業本部の加藤田歌様、三村和香様、大嶋菜生様と、インフォバーンのアカウントプランナー・根本拓馬にインタビューを行いました。

More