ホーム 事例 クリエイティビティ×テクノロジー...

クリエイティビティ×テクノロジーで未来の道標を描き出す 「半導体」のメディア『LightsWill』を制作

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社

記事「クリエイティビティ×テクノロジーで未来の道標を描き出す 「半導体」のメディア『LightsWill』を制作」のメインアイキャッチ画像

●ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社のブランディング活動を支援
●半導体の未来を語るメディア『LightsWill』(発行元・メディアジーン)を企画・制作
●コンテンツ制作、マーケティング施策を含め、同メディアを運用


Outline

プロジェクト概要

「半導体の未来を語る」Webメディア

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、SSS)は、イメージセンサーを主力としたデバイスソリューションカンパニーです。ソニーグループの半導体事業会社であり、イメージング&センシング技術を強みとした、さまざまな半導体デバイス事業を手がけています。

本プロジェクトでは、SSSがコーポレートサイトとは別に、企業ブランディングを担う新たなオウンドメディアの立ち上げを検討されるなかで、インフォバーンにご依頼いただき、その企画段階から参画しました。

半導体技術は、今や身の回りのあらゆる製品に組み込まれている基幹技術として、私たちの生活に欠かせないものとなっています。さらなる半導体市場の拡大が予想されているなか、SSSでは中長期的な事業成長を見据え、それを支える求職者、顧客、パートナーの確保に寄与する企業ブランディングの必要性を感じられていました。特に、人材獲得競争が激化するなかで、多様な人材を採用するためには、まだ自社と接点がない潜在層まで裾野を広げて認知拡大や好意度向上を実現する必要があります。

そこでインフォバーンは、求職者が持つ「興味関心」とSSSの「事業領域」を結び付けながら、社会や人々のライフスタイルを支える半導体業界の魅力を発信していく、新たなメディアを構想しました。それが、「クリエイティビティ×テクノロジーで未来世界の道標を描き出す」をコンセプトに生まれた『LightsWill』です。

クライアント
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社

制作期間
2023年2月~2024年1月

担当領域
コンセプト設計
メディア戦略設計
情報設計デザイン
コンテンツ制作
アクセス解析
SNS運用
メールマガジン運用
広告ディレクション

Concept

コンセプト設計

イメージセンサーのリーディングカンパニーとして

まず、SSSの事業領域への興味を喚起し、就職・転職可能層への採用ブランディングに寄与するメディアにふさわしいコンセプトを検討しました。それにあたり、ターゲットのインサイトを把握するためのアプローチとして、新卒入社の若手社員、および中途入社の社員、それぞれ複数名にインタビューを実施。

●企業選びでは、「仕事内容・事業内容」を重要視するとともに、「技術力」や「ビジョン」に注目している
●エントリーする企業数が数社と少なく、志望度の高い企業にしか応募しない
●会社発信の情報よりも、「人づて」の情報への信頼度が高い

といったことが浮き彫りとなりました。

また、SSSとの議論を通じて、SSSが持つイメージング&センシング技術に対して、その事業特性(BtoB/高難度の技術)から、「どのような領域」で「どのように」活かされているのかが伝わりにくいという課題が見えてきました。

そこで、会社紹介や社員インタビューなどSSS視点で情報を発信するのではなく、広い用途で半導体が活用されている領域や最新動向に加えて、そこで重要な役割を果たす技術を提示していくことで、次世代を担っていく読者たちにとって、実現したい未来世界を思い描くための「道標(=ヒント)」となるメディアを目指すことを提案しました。​

「メディア」コンセプトについて/提案資料より

「手触り感」のある情報を届ける

メディアのターゲットとして、25-35歳の技術者と技術領域の経験者・学生を設定しました。

「ターゲット」とするユーザー層について/提案資料より

表現において重要視したのは、情報の「手触り感」です。技術解説や業界動向だけに終始せず、イメージング&センシング技術を活用する「人(クリエイター)」に焦点を当て、テクノロジーがもたらす未来世界を想像できるようなコンテンツを制作する方針を固めました。

こうして、先行きの見えにくい時代に、SSSがイメージセンサー技術を培う上で大事にしてきた「“光への好奇心”で”未来”を照らしだす」という想いを込め、『LightsWill』は誕生しました。

Approach

手法と施策

スマホ経由の情報接触を意識したサイト設計

『LightsWill』がターゲットとする20-30代の情報接触は、圧倒的にスマートフォン経由が多く、また能動的にWeb検索するよりも、SNSなどから受動的に入手する傾向があります。

そこで、スマートフォンによるリーダビリティにこだわったデザインを採用。トップページではなく、記事ごとに直接流入する前提で体験を設計しました。

スマホビューでの画面の例

また、「タイパ(タイムパフォーマンス)」という流行語が示すような、ターゲットが持つ時間に対する価値観もメディアに反映するため、1記事あたりの文字数を2000文字程度に抑えています。各記事の冒頭には、「Chat GPT」を活用した要約文を掲載。短い時間で、読者が関心のある内容なのか判断しやすい工夫を凝らしました。

記事冒頭の「Chat GPT」要約例

「特集」で情報の深さを担保する記事制作スタイル

記事の企画・制作にあたっては、3つの記事で1つの「特集」を構成。雑誌の特集記事のような感覚でサクサク読めつつも、深さのある情報を届けられるよう工夫しています。

デザイン面では、寒色であるグレーを基調としながら、特集ごとに高彩度のカラーを当てることで一つひとつの「特集」をまとめています。「クールで先鋭的な未来」をデザインコンセプトに、サムネイルにもこだわって『LightsWill』の世界観を表現しています。

CES2024」を特集した3本の記事

特集内の3つの記事は、それぞれ「認知」「興味・関心」「共感」というユーザー行動のステップに沿うよう編集しています。また、クリエイティブの最前線で活躍する方などを起用し、半導体技術との間に補助線を引くことで業界動向や技術解説に関心の薄い読者も、未来世界を想像して楽しめるようにコンテンツを企画しています。

メディアアーティスト × センシングテクノロジスト――ライゾマティクス真鍋大度は、 センシングの未来にどんな夢を見るか。
漫画家×センシング技術――漫画家・大童澄瞳と考える表現の未来。センシング技術が豊かに変える、創作活動と自然環境

持続的なコミュニケーション戦略を支える解析レポート

一般に、ブランドサイトやブランディングを目的とした企業のオウンドメディアは、成果指標が定めづらく、それが効果検証や改善提案のハードルとなることがあります。情報発信の主体となる事業会社内部でも、継続的な成果を示しづらい側面があります。

そこで、『LightsWill』では、PV数やUU数だけでなく、多角的な指標を計測し、定期的にレポートとしてまとめています。来期以降、内定者への『LightsWill』の認知度などを図るヒアリング調査も予定しており、純粋なコーポレートブランディングだけでなく、採用コミュニケーションにも寄与するオウンドメディアの価値を適切に計測し、改善へとつなげていく体制を整えています。

サイト測定指標のフロー図/提案資料より

その他、各記事の末尾にリアクションボタンを設置。読者のアクションを誘発し、エンゲージメントを可視化するメディア独自の仕組みも設けています。

記事下部に配した3つのリアクションボタン

読者とのあらゆる接点を活用し情報を届ける仕組みづくり

インフォバーンは、オウンドメディアの構築、コンテンツ制作だけでなく、SNSの運用、メルマガ作成・配信、広告のディレクション、読者イベントの企画・運用も担当しています。一気通貫したメディア運用体制を取ることで、読者に訴求する情報経路の最適化を図っています。

特に、ただ広告を出して読者数を増やすのではなく、SNSやメルマガを用いて読者コミュニティを維持する施策を取り入れ、再訪を促す仕組みづくりに取り組んでいます。

SSS発信情報の施策全体図/提案資料より

Output

成果と展望

サイトを2024年1月9日にローンチ

2024年1月9日(火)より、サイトが公開されています。

サイト設計とコンテンツ制作の工夫によって、読者の回遊率が高く、閲覧ページ数や滞在時間などから計測されるエンゲージメント率も高いメディアとなっており、SSSの社員の方々からも好評の声をいただいております。

今後さらなるグロースを目指して運用してまいります。

Voice

制作者の声

いつも細部にまで思考が行き届いたご提案を下さり、私自身が“ワクワク”を感じながらプロジェクトを共に進めることができています。インフォバーン様には、斬新な発想や豊富な知見を持つメンバーが揃っており、戦略立案から制作、効果測定までワンストップでご支援いただける非常に心強いパートナーです。自社の課題である「求職層への認知拡大・好意度向上」を実現し、BtoB企業のブランディングの成功事例を創り上げられるよう、引き続き併走させていただきます。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
大内 一貴 様

Member

制作体制

プロジェクトマネージャー|板倉隆一
Webディレクター|青木晶・今田奈々
コンテンツプランナー|大里耕平・森川幹人
コンテンツディレクター|白濵久史・鈴木海人
アートディレクター|上野菜美子
デザイナー|鈴木里佳